犬を怒る時の注意点は、以下の通りです。 ・落ち着かせる ・叩かない ・一喝する ・褒める ・目をじっと見ない 犬が興奮状態の時に怒っても、しつけの効果を発揮しないので、まずは落ち着かせることが重要です。 リードで自分の近くまでたぐり寄せ、犬が落ち着くまで待ちましょう。 犬を叩く人も多いですが、叩いても犬はどうして悪かったのか理解することができません。 そのため、必ず声に出して一喝してください。 言葉が長いと犬は理解できないので。「コラ!」程度で十分です。 怒る時の言葉を固定することによって、次第に怒られていると理解するようになります。 そして、以前怒ったことを次はきちんと我慢した場合は、褒めてあげてください。 そうするとあれをやらなければ怒られないし、喜ばれると理解してくれます。 また、犬の目を見て怒る人もいますが、これは間違いなので止めてください。 これをすると、上下関係が崩れる恐れがあるので、じっと目を見ないようにしましょう。